日焼けと美白はどちらがいいか

美白を目指すのと、日焼けを目指すのとでは、肌に対する負担が大きく変わってきます。肌に対しての負担は、美白を目指す方が負担が少なくなります。そのため長期的に見ると、肌の質を上げてくれるのは、白い肌を目指す方になるのです。 日焼けが肌に対して悪影響を与えてしまうのは、紫外線により肌にダメージを与えてしまうからです。肌を焼くためには、紫外線により肌に軽い炎症を引き起こさなければなりません。炎症が引き起こされると、そこにメラニン色素が放出されます。このメラニン色素が肌を黒くする原因なのです。メラニン色素は、外部からの刺激から肌を守る時に放出されます。メラニン色素が放出された肌は硬質化し、そして色が黒くなってしまうのです。 これを何度も繰り返してしまうと、シミを作ってしまう原因になります。シミは肌を焼くのとは違い、時間が経っても消えないで残ってしまいます。シミが出来てしまう原因は、たび重なる肌へのダメージに対して、体がより強い肌を作り上げるために、メラニン色素を大量に放出してしまった結果です。そのため紫外線を多く浴びれば浴びるほど、シミが出来てしまう原因になるのです。そのため日焼けをしてしまうと、シミを多く作ってしまう原因になるのです。 また紫外線による肌への害はそれだけではなく、軽い炎症を引き起こすことにより、肌の保湿成分が少なくなってしまいます。そのため乾燥肌になりやすく、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。 美白を目指す場合には、出来る限り紫外線からの影響を小さくすることになります。そのため紫外線からの害が無いために、紫外線によるシミや炎症などの心配をする必要はありません。そのため美白は肌に対する負担がとても小さくなるのです。なので乾燥肌などの肌のトラブルは、比較的小さいものとなります。 このように美白と日焼けでは、肌に対しての負担が変わってくるのです。その大きな原因となるのは、紫外線による肌へのダメージの違いなのです。