紫外線カット化粧品

美白の天敵といえば、紫外線。 日焼けを防ぐために、様々なグッズや化粧品を使用しているという方も多いのではないでしょうか。 紫外線をカットするための方法としては、大きく2種類あります。 ひとつは、物理的に紫外線をカットする方法。日傘や帽子、サングラスなどがそれに当たります。 もうひとつは、紫外線を反射したり、吸収したりして、肌に取り込まないようにする方法。 日焼け止め用品やメイクアップ用品がこれにあたり、日焼け止め効果としてはSPF、PAといった指標が用いられます。 近年の美白ブームとともに、多くの紫外線カット化粧品が各社から発売されていますが、その特徴や違いをご存知でしょうか。 まず重要なのが、テクスチャー。 一昔前まではミルクタイプのものしかありませんでしたが、ここ数年で研究・開発が進み、ジェルタイプやスプレータイプ、シートタイプなどが登場しました。 日焼け止め=ベタつく、ということもほとんどなくなり、選択肢も増えたことで、シーン別の使い分けというものも可能になりました。 つぎに、日焼け止め効果。これはSPF、PAという指標で表されます。 SPFとは、紫外線B波(UV-B)を防ぐ効果のこと。すなわち、肌表面の炎症、日焼けをどの程度抑えるかということを表します。数値は1~50+で示され、一般的にSPFが1=20分という目安で捉えられています。 一方、紫外線A波PAとはUV-A波を防ぐ効果のこと。UV-A波は、肌の奥まで浸透して細胞にダメージを与える紫外線のことで、その肌ダメージを防ぐ効果が+~++++の4段階で示されます。 日常使いであれば、SPFは30程度で十分ですが、PAは高ければ高いほど良いと言われています。 なぜなら、UV-A波は窓ガラスも通過し、肌へダメージを及ぼすからです。 放っておくとシワやたるみの原因となるので、外出時だけでなく、室内や車中でもケアが必要です。 最後に、機能性。これが近年で最も進化したと言えます。 耐水性にはじまり、保湿効果や美白効果、エイジングケア効果や肌荒れ予防をするものまで登場しました。 紫外線から肌を「守る」だけでなく、肌を「ケアする」効果も備えたのです。 このように、紫外線カット化粧品は年々進化し、美白を求める女性にとっては一年中手放せないアイテムとなりました。 シーンや用途に合わせて、楽しく使い分けてみてはいかがでしょうか。